美容あれこれ

フェイスパウダーが必要ありません。

私は接客業をしているので、毎日きちんとメイクをしています。

ただ毎日のメイクって、正直面倒なんですよね。

洗顔後スキンケアで肌を整えたら、化粧下地を塗ります。

その上から日焼け止めとファンデーションを塗ります。

仕上げはフェイスパウダーです。

やる事がとても多いので、ストレスが溜まってしまいます。

毎日のメイク時間をもっと短縮する事が出来たら良いなと思い、新しいファンデーションを探してみることにしました。

3そしたらパーフェクトワンCCクリームに、辿り着きました。

これ1本で、化粧下地から日焼け止めまで終了する優れものです。

更にコラーゲンも配合されているので乾燥から肌を守ってくれますし、エイジング効果も期待できます。

今迄リキッドファンデーションばかり使用してきたので、一度こちらのCCクリームを試してみることにしました。

朝の洗顔後、化粧水と美容液で肌を整えたらCCクリームを適量手の平に出し、顔の中心部から外側方向に向かって伸ばしていきます。

とても伸びの良いクリームでくすみ、色ムラ、毛穴も殆ど目立たなくなりました。

以前は最後に必ずフェイスパウダーを馴染ませていましたが、CCクリームはまるでフェイスパウダーを使用した後のような仕上がり感なんです。

肌表面がサラッとしてテカリが気になりませんし、クリームの密着度もとても高いです。

おかげ様で毎日のメイク時間がグッと短縮されたので、大変喜んでいます。

もう手放せません。

美容あれこれ

夏の美容といえば、紫外線対策!

夏の美容と言えば、紫外線からシミやそばかすを防ぐことです。

シミやそばかすは、若いうちからできますし、一度できるとなかなか治すことは難しいです。

つまり、若いうちからしっかり紫外線対策をすることが必要になるのです。

その方法として、身体には日焼け止めですが、顔には紫外線防止効果のある化粧用下地を使います。

日焼け止めのぬりすぎは肌をいためますが、化粧用下地なら、顔用に作られているため、日焼け止めよりは良いはずです。

そして、洋服は袖の長いものを着たり、薄い長袖の上着を一枚着るなどします。

更に日傘を差すことも忘れずにしましょう。

何重ものガードによって、ようやく紫外線を防ぐことができるのです。

9また、夏の間は気を付けたいのが、時間に余裕をもって行動することです。

特に外に出る時は、はやめはやめの行動を心がけましょう。

時間がなくて走ったりすると、汗をかきます。

汗をかいてしまうと、せっかくの下地や日焼け止めが落ちてしまう原因になるのです。

また、時間に余裕があれば、遠回りしてでも、日陰の道を選んで通ることができ、紫外線を防止することができるのです。

また、これらの対策は、天気に左右されることなく行いましょう。

台風のようなザーザー雨でもないかぎり、曇りの日でもぱらぱら雨の日でも、毎日行うことが大切です。

いつ晴れ間がみえるかもわかりませんよ。

そして、帰宅後はしっかり落として、化粧水と乳液を忘れずにつけて、肌をしっかり休ませましょう。

脱毛あれこれ

春夏と秋冬の脱毛は同じ?

7無駄毛が生え始めた頃(小学校高学年から中学生くらい)、とにかく人に見えなければいい、隠せればいいと思い、ずいぶんいい加減に処理していた記憶があります。

その頃の無駄毛、と言えば、主に脇に生えてくる毛で、腕や足は無駄毛のうちに入れていませんでした。

そして、脇の無駄毛を、私はカミソリで剃って処理していました。

先にも言いましたように、いい加減に処理していましたから、あまり見た目はよろしくありませんでした。

一応母に、相談した記憶があります。

母は、脇の毛を一度も剃らずに、抜いていたそうです。

ひたすら、ちょんちょんちょんちょん抜いていたら、いつしか生えてこなくなったとか。

それを聞いて、私も抜くようにしたけれど、時すでに遅しで、どうやら一度でもカミソリで剃ったことがある場合、

今更抜いても、母と同じ効果は得られないようでした。

と言うか、母が特殊だったのかな?何の根拠も無いので、今となっては不明です。

抜くと、確かに次に生えてくるのは遅いような気がしましたけれど、なんといっても面倒くさいことこの上ないです。

成長するにつれ、腕や足の無駄毛も見苦しいということに気づき、処理するように。

20代になっても、ひたすら抜いていた私。もう、ライフワークのようになっていて、抜く痛みも気持ちいい?と思えるように。

それが、30代になって出来た友人が、どうやら脱毛エステサロンで、処理してるのかな?と思うほど綺麗な腕や脇をしていたことから、

私の意識も少し変わってきました。

その友人は、ノースリーブの服をよく着ていて、両腕を、ンバ〜っと万歳のように振り上げて、伸びをしていました。

みんなでおしゃべりしている時も、よくそうやって、リラックスポーズをしていました。

初めて見た時は、「きゃーっ」と思って目のやり場に困りましたけど、ついつい脇に目をやると、無駄毛は無く、綺麗な脇でした。

そうだよね、自信がなければ、そんなポーズ出来ないよな、と思い納得しました。

脱毛エステで永久脱毛か〜、と考えましたが、しかし私は、その後も抜いたり剃ったりで、やり過ごしていました。

そんな私が、とうとう永久脱毛する決心をしたのは、40代になってから。

いえいえ、主人のためではありませんよ。

その頃、娘のプールが始まって、母も一緒に入らなければならなくて、なんとなく、娘のために綺麗でいたいなぁと思ったのがきっかけです。

ちょうど、若いママ友が、脱毛エステサロンに通っていることもあり、紹介してもらいました。

本当に、40代になってから、永久脱毛するなんて、思いもよりませんでした。

それからは、無駄毛だけではなく、美容全般に対する意識も良い方に変わってきましたよ。

エステサロンの女性スタッフの方たちに、恥ずかしくないお肌でいなくちゃ、なんて思ったり。

私のきっかけは、「娘とプールに入る」でしたが、案外みんな、ちょっとしたきっかけで、目覚めるんですね。

私もこのサイトで横浜の脱毛サロンを探しています。

横浜で脱毛ならここをチェック